ペットのハーネス

ハーネスの素材を紹介します。1つめは合皮のハーネスです。強度と耐摩耗性に優れています。撥水性もあり、色落ちも少ないです。合皮のハーネスの短所としては、気温の変化により硬化・軟化を起こしやすく、天然皮革のハーネスよりも寿命が短いという点でしょう。2つめは牛皮のハーネスです。動物の皮膚に非常に良く合い、肌や毛にも優しいのでお勧めです。発育時の犬の毛肌は非常にデリケートなので、天然皮革の首輪は適材と言っても過言ではありません。加えて、つれ毛の原因である静電気も発生しにくい素材です。素材自体に強度があるため、引っ張りや耐摩耗性に、非常に優れてもいます。ですが、勿論短所もあり、雨などの水に弱く、浸水すると強度が低下してしまいます。最悪の場合、切れることもあるので、雨の日の散歩には、あまり適切ではありません。


他に、ナイロンと綿布のハーネスがあります。両方とも加工しやすいので、色々なデザインを楽しむことができます。耐摩耗性が低く、噛み切れやすいのが短所と言えるでしょう。綿布のハーネスは、水洗いすることもできて便利です。首を覆うベルトが首輪は1本、胴輪は首1本+胴1本の2本で覆われています。ハーネスは、胴に巻きつけるものなので、首輪に比べて犬の負担を軽減します。最近ではニーズが高まり胴輪をすすめる獣医さんも増えているそうです。


首輪は気管を圧迫する可能性が有りますが、胴輪は首元の骨格がしっかりした部分と胴体に装着するため、気管を圧迫しにくいです。その為、気管の弱い犬、老犬に適しています。 軽便式胴輪は、体にフィットし、ズレにくい構造になっています。中央に紐が1本ある事で首位置と胴位置がズレにくく、犬が胴輪からすり抜けてしまう可能性が少ないのです。前足を胴輪に通し装着します。


ショルダー式胴輪も、ズレにくく、更に、抜けにくい構造になっています。首輪部分を頭から通し、胴輪部分をたるまないように適度な位置で止めます。数種類有る胴輪の中でも、一番ホールド性が高いものです。8の字式胴輪は、首輪部分を頭から通し、胴輪部分をたるまないように適度な位置で止めます。前足を通さずに装着出来るため、装着手間が軽減されます。ただし、軽便式胴輪に比べて、ズレやすいという側面を持っている為、胴輪からの抜けには注意して下さい。

ペットショップを利用する前にカテゴリー

ペットの選び方

健康で元気のいいペットの選び方を公開しています

ペットショップの選び方

健康で元気のいいペットを取り扱っているペットショップの見分け方を公開しています

悪質ペットショップ

悪徳ペットショップの情報を公開しています

海外のペットショップ

海外のペットショップの情報を公開しています

ペットショップの現状

ペットショップの知られざる現状を公開しています

ペットショップで働く

人気のペットショップで働くにはどうしたらいいの紹介しています

ペットの育て方

かわいいペットを大切に健康に育てる方法を公開しています

ペットフードと処方食

ペットフードと処方食の大きな違いを公開しています

ペットショップの歴史

ペットショップのできた歴史を紹介しています

管理人プロフィール

管理人のプロフィールです

ペットショップを利用する前にPick Up!

ペットフードと処方食の違い

ペットフード,処方食,健康

亀の育て方

ペット,ショップ,育て方

ペットショップの通信販売

ペット,ショップ,通信販売

ハムスターの飼い方

ペット,ショップ,ハムスター